蜂蜜(はちみつ)の瓶(ビン)のフタが開かない時の対処法

はちみつのビンの蓋(ふた)が開かない時の対処法

ハチミツのビンのフタが開かない時の開ける方法

ビン入りのハチミチの場合、開封してしばらく経つと、フタにハチミツの結晶がついて開けづらくなることがよくあります。

時には、まったくビクともしないほど固いことも・・・。

こんな時は、お湯を沸かして洗面容器に入れ、そのお湯の中に瓶(びん)ごと入れてしまうと、結晶が溶けて蓋(ふた)が開けやすくなります。

つまり、ビンを加熱して温めるということです。

また、それほど固くない時は、ビンのフタに輪ゴムを巻いてから力を入れると、スッと開く時もあります。

最後に、フタに蜂蜜(はちみつ)の結晶がつかない方法を紹介します。

結局、フタにハチミツの結晶が着いてしまうから、フタが開かなくなるわけで、事前にそうならないようにしておけばいいのです。

その方法は、ハチミツを買った時にラップをしてからフタをするだけ。

ラップが結晶で汚れてきたら交換すればいいので楽チンですよ!